NEWS

img_0208re_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

本作のヒロインであり、謎の秘密機関“ジェミニ”に主人公ヘンリーともに立ち向かう《クールな潜入捜査官》ダニー役の日本語吹替版声優に女優の菅野美穂さんが決定!

今回菅野さんが演じるダニー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)は、DIA(アメリカ国防情報局)の潜入捜査官。引退を決意した伝説のスナイパー:ヘンリー(ウィル・スミス)の監視役として潜入捜査を行う内に、彼を狙う正体不明の暗殺者の存在を知り、それがヘンリー自身のクローンであることを突き止めるが、やがて自らの命も狙われることになり、彼と共にクローンを作る謎の秘密機関”ジェミニ”の陰謀に立ち向かうキャラクター。最新技術で実現したWウィルとの共演も見どころです。

%e2%98%85%e3%82%b5%e3%83%96%e2%91%a7%e3%80%80gm_05963r_r

幅広い役柄を演じ分けるドラマや映画での演技力に加え、ディズニーアニメーション『ベイマックス』(14)では声優初挑戦とは思えない表現力で高評価を得たことも記憶に新しい菅野さん。今回の声優挑戦は、『ベイマックス』吹替以来2度目で、ハリウッド実写映画声優初挑戦となります。オファーに対し、菅野さんは本作への参加と、世界的スター ウィル・スミスとの共演をとても光栄だと語り、また、ハリウッド実写映画の吹替に初挑戦したことには「演技で何かをするということより、既に出来上がっている素晴らしいものがあるので、それをどうやったら伝えられるかな、という<より分かりやすく伝える>お手伝いみたいな演技というところで、普段とは違う演技に緊張しました。」と、これまでにあらゆる役柄を演じてきた彼女でも、新鮮な気持ちで臨んだ心境を語ってくれました。

img_3442re_%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

さらに、作品の設定にちなみ【自身の23歳のクローンが目の前に現れたらどうするか?】という質問には、「負けちゃいますね、若さに()。映画の中ではウィルが若いウィルを説得するんですけど、やっぱり人生の紆余曲折を経て含蓄のある言葉を持っているんですよね。若いウィルはみずみずしさとかそういう魅力はあるんだけど、やっぱり世の中の事を分かっていない。だから、映画のウィルのように、私も説き伏せるような、そういう戦い方に持っていこうと思います()。」と彼女らしいユーモアあふれる菅野節で本作の魅力とともに答えてくれました。


【ダニー役声優:菅野美穂さんコメント全文】

Q1. 日本でも大人気の世界的スター:ウィル・スミス主演作品へのオファーを最初に聞いた際の率直な感想をお聞かせください。

A.ウィル・スミスさんはかなり昔から第一線で活躍なさっていて、ずっと活躍を拝見しているような気がしていました。近年も意欲的に今までになかったような役に挑戦されていて、また新しい新作があるということで、次はどんな作品になるんだろうなと思って楽しみになりましたし、私も日本での公開について参加させて頂けるというのは、とても光栄だなと思いました。

Q2. 映画をご覧になった率直な感想を教えて下さい。

A.かなり新しい映画というか、ウィル・スミスさんが現在のウィルと若い時のウィルを演じるということで、私としてはご本人にお子さんもいらっしゃるので共演でもいいのかなとも思いましたが、そうではなく、ご自身が二役演じるのがすごく意味のある作品で、アクションもすごいですし、新しい映画体験を出来る作品で、実際に劇場で観るのが楽しみだなぁと思うような作品です。

Q3. 実写映画の吹替は初挑戦になりますが、実際に収録をしてみていかがでしたか?ご苦労された点とかありましたか?

A.演技で何かをするというよりは、出来上がっている素晴らしいものがあるので、それをどうやったら伝えられるかな、と。そういう役割だと思ったので、より分かりやすく伝えるにあたってのお手伝いみたいな演技というところで普段とは違う演技で緊張もしましたし、でも新鮮な気持ちでやらせて頂きました。

Q4. 演じられたダニーは頭脳明晰な潜入捜査官ですが、菅野さんの考えるダニーの魅力を教えてください。また、ご自身と似ていると感じる点や共感したところはありましたか?

A.ダニーの魅力は女性ながらにこれまでにキャリアを考えると大変な事も沢山あっただろうに、それを乗り越えてきたからこその余裕がある女性で、人を緊張させない彼女独特の包容力が魅力だと思いました。人を油断させるような、敵も味方もつい油断してしまうような包容力があって。私に似ているところは…「等身大」なところは似ているんですかね?いわゆるアクション映画のヒロインで、分かりやすい女性らしさということではなく、内側にある安心感が魅力だと思います。

Q5. 本作は「二人のウィル・スミス」が戦う映画として注目を浴びていますが、二人のウィルと共演した感想を教えてください。

A.私も参加させて頂きながら、仕上がりはどうなるのかなと非常に楽しみですし、声入れの段階では完成版を見られていないので、今から観るのが楽しみです。ウィルも演じるのが楽しかっただろうなぁと思うし、難しかっただろうなぁとも思います。この作品は、ウィル・スミスが現在のウィルと若い時のウィルを演じているんですよ!それがすごいんです。すごく自然だし、今の技術ってこんなにさりげない感じなんだ!と。アクションとかも本当にどうやって撮っているんだろうなと…ウィル・スミスとウィル・スミスが戦うんですけど、これは是非観ていただきたいです。言っていることの意味がわかりずらいと思いますが(笑) ものすごいおもしろいんです!新しい映像体験ができると思いますので劇場に足を運んで頂ければと思います!アン・リーすごい!ウィル・スミスもっとすごい!と思いました。

Q6. 主人公・ヘンリーは、自身のクローンに命を狙われますが、もしもご自身の前に、23歳のクローンが現われたらどうしますか?

A.負けちゃいますよね、若さに(笑)。映画の中ではウィル・スミスがウィル・スミスを説得するんですけど、やっぱり人生の紆余曲折を経て含蓄のある言葉を持っているんですよね、現在のウィルは!若いウィルはみずみずしさとかそういう魅力はあるんだけど、やっぱり世の中の事を分かっていない。だから、映画のウィルのよう、にわたしも説き伏せるような、そういう戦い方に持っていこうと思います。

Q7. この映画と同じ技術で、もし菅野さんが昔の自分と共演できるとしたら、どんな役柄を一緒に演じてみたいですか?

A. どういうのがいいですかねぇ。台詞の応酬もしてみたいけど、分かりやすく肉体的な戦いって物凄く不利じゃないですか?若い自分に比べたら。そこをあえてやるという、そういうのもやってみたいですね。

geminiman_poster_reg_f2

今回到着したのは、“史上最強のスナイパー”の現在のウィル・スミスと“若きクローン”の23歳のウィル・スミスが互いに銃を構えながら対峙する本ポスタービジュアル!陰と陽の背景がまさに二人の境遇を象徴し、戦闘心をメラメラと燃やし睨みつける”若きウィル”とは対照的に、銃口を下に向け自分自身のクローンとの戦いを憂う”現在のウィル”の複雑な表情が印象的な仕上がりです。果たして、巨大な陰謀に巻き込まれたふたりには一体どんな展開が待ち受けているのか…!?

ハリウッドを代表するスター俳優として輝かしいキャリアを誇るウィルにとっても、若き日の自分自身と対面するのは新体験であり、「こんな映画は見たことはないはずだよ。CGのレベルが本当に凄く、リアルな顔を作れるから、こんなことが可能になったんだ。最大の敵を作るのは自分自身であり、最も困難で、最も辛いことは、自分の中にある種が生み出す。そのコンセプトが、僕はとても好きだ。初めて目にしたときは変な感じだったよ。全部自分だったから。驚異的な映画に仕上がっている。この作品が、映画製作も映画の見方も変えてしまうものになるだろうね」と自信をみなぎらせるなど、本作が描く”ウィルvsウィル”の世紀の対決により、映画作りそのものが新たな時代へと突入したことを強調しました!

さらに、ハリウッドを代表するフィルムメイカー3人が、未だかつて見たことのない映像体験を叶える新たな時代の映画製作について、徹底的に明かしました!


主演:ウィル・スミス、監督:アン・リー、製作:ジェリー・ブラッカイマーが明かす
『ジェミニマン』5つの重大事実!

1.これまで1度も見たことがないウィル・スミスを2度見られる!!
2人のウィル・スミスが登場する『ジェミニマン』。1人は現在のウィル、もう1人は現在のウィルを殺すために送り込まれた23歳の暗殺者。若いウィルの肉体を一から完全に作り上げた高いデジタル技術と、ジェリー・ブラッカイマー「ひとつ映画に出るごとに、前よりもいい演技を見せてきたウィルが、キャリア最高の演技を見せるのが今作。なにせ、一人二役なんだからね。オスカーに値する演技だよ」と称賛するウィルの驚異的な演技力により、かつてないクオリティでシームレスな接戦シーンが実現!アン・リー監督「これは革命的テクノロジーの問題であるのと同時に、演技の挑戦でもあった。それをウィルは受けて立ってみせたんだよ」と満足げに語っている。

2.ジュニアの涙も、ウィル・スミス本人の涙!
デジタル加工で、俳優の年齢を上下して見せることはもう珍しくない時代となっているなか、アン・リー監督「ウィルを若く見せているのではない。今作で僕らは、若いウィルを何もないところから作ったんだ」と豪語するように、これまでの若返り技術の仕組みを一変させている本作。流す涙も、繰り出すパンチも、その全てがウィル自身の演技によるものだ。だが、ウィル「今作の凄いところは、若い僕(ジュニア)が僕じゃないところなんだ。僕の演技を使っているし、僕の肌のしわを伸ばしたわけではない。WETAのテクノロジーが創りだしたんだ。彼らはこれまでにないことをやっているんだ」と振り返っている。

3.“カンフー”ならぬ“バイフー”に注目!
コロンビア・カルタヘナで撮影された、2人のウィルが相手を殺すための武器としてバイクを使うスペクタクルなバイクチェイスシーンを、“バイフー”(Bike-Fu)と表現するアン・リー監督。常に進化を追求し「完全にフィクションの設定であるこの作品を、とても美しく見せたかった。そのためにはるばるコロンビアまで行ったんだ。デジタルシネマの鮮明な美しさを発見するのが、今回の僕の使命だったのさ。リサーチも、試行錯誤も、たくさん必要だったよ。これはエキサイティングな新しい領域だ」と自信を見せる。

4.自分がアクションシーンを演じている気分になれる!
ジェリー・ブラッカイマーに加え、スカイダンスの敏腕CEOであるデヴィッド・エリソン(『ミッション:インポッシブル』シリーズ、『ターミネーター:ニュー・フェイト』)も参画し、数々の超大作を手がけてきた2人のビッグネームにより生み出された、驚異の毎秒120フレーム撮影、かつ4K×3Dの映像体験という新たな次元に到達している本作。そんな作品でメガホンを取るという、とてつもない挑戦についてアン・リー監督も、「家にいてテレビのスクリーンやiPhoneで何かを見るのではなく、わざわざ映画館に行こうと観客に思ってもらう手段であり、観客に特別な体験を与えるものだ。僕はそう信じる。だから、トライし続けるんだ」と意義を明かしている。

5.騙し無しのリアルな演技に注目!
俳優の顔の血管の動きまで見えるような高性能のカメラを使って撮影された本作では、従来通りのメイクアップを流用することはできない。そのため、メイクアップチームは表情の機微を捉えるための新たなメイクアップ技術を開発。アン・リー監督「テクノノロジーと聞くと、爆発やモンスターを想像しがちだが、これはそうじゃない。最高の芸術的センスと腕が必要とされることで、数多くのアーティストが試行錯誤をして作り上げた。それでもまだ僕は「観客はリアルだと感じてくれるだろうか」と考えるし、それだけ難しいんだ」と感謝と共に、究極の映像制作を追求し続けながら本作を創り上げたことを明かしている。

1 2